失われた恋 Amours perdues

”失われた恋”はマルセル・カルネ(Marcel Carne)の1951年の映画でジョセフ・コスマ(Joseph Kosma)が音楽を担当した「愛人ジュリエット(Juliette ou La clef des songes)」の中で使われた曲ですが、映画では歌われずアコーディオンだけで演奏されました。

映画が出来上がった後に、映画の原作も書いた超現実派の作家であるジョルジュ・ヌヴー(Georges Neveux)が詩をつけました。

”失われた恋”の作曲は「枯葉」で有名なジョセフ・コスマで、ジュリエット・グレコ(Juliette Gréco)やダニー・ドーベルソン(Dany Dauberson)など多くのシャンソンのスター達が歌い、日本でもシャンソン喫茶あたりで盛んに歌われたようです。

どこかメランコリックなメロデイが同じアジヤ人の我々に共感するものをもっているのでしようか。

1996年に亡くなった日本のギタリスト「武満 徹」が編曲した「失われた恋」の演奏が観られます。
Amours Perdues, arranged by Toru Takemitsu - YouTube
[PR]
by g_vocal | 2007-09-26 10:48 | シャンソン
<< ルナ・ロッサ Luna Rossa 水に流して Non, je n... >>