街角 Coin de Rue

シャンソンの発表会、そしてコンサートには必ずプログラムに載る曲。
それほど知られている曲の「街角」。

「街角」はシャルル・トレネ(Charles Trenet)が1954年に作った曲。
トレネはある日ジュリエット・グレコ(Juliette Greco)と遭った。
グレコから「何かいい歌はないか」と相談をもちかけられた時、ふと頭に浮かんだメロデイをナフキンに書き付けてできた曲がこの「街角」だったといわれている。
そして約束どうり、ジュリエット・グレコに贈り、ジュリエット・グレコがオランピア劇場でのリサイタルで創唱して大成功したそうだ。

それ以後、グレコのレパートリーの中でも特に重要な歌となり、リサイタルで必ず歌うそうである。
失われた街角や幼い頃を偲ぶ美しいワルツでグレコの通常の持ち歌とは趣のことなっている曲となっているようだ。
                       
街角
古い街角、あの想い出 幼い頃が目に浮かぶ
木立の影に夢を見てた 遠い昔のあの街角
今は恋のキャフエ 道をゆく恋人
花のかおり甘く揺れる あの街角         
         
あの日あの頃 あの思い出道の小石が知っている
はかない恋のあの街角 遠い昔の懐かしさ


ジュリエット・グレコの「街角」が試聴出来ます。
http://musique.ados.fr/Juliette-Greco/Coin-De-Rue-t101675.html
赤い帯の♪ Clique pour ecouter un extraitをクリック。
[PR]
by g_vocal | 2007-09-14 22:46 | シャンソン
<< 枯葉 Les Feuilles... モーボージュの月夜 Un Cl... >>