モーボージュの月夜 Un Clair de Lune a Maubeuge

「モーボージュの月夜(Un Clair de lune à Maubeuge)」は日本でこそ知られていませんが、優れた実力持つシャンソニエ(フランスの詩人)であるピエール・ペラン(Pierre Perrin)が作詞した1962年のタンゴの作品で、作曲の方はクロード・ブロンデイ(Claude Blondi)が手伝っている。

モーボージュはフランス北部の地名ですが、原詩は世界中をめぐり歩いた男が、どこの風景もこのモーボージュで見る月の美しさにはかなわないと歌っています。

創唱は勿論、作者のピエール・デランですが、「フルーツ・サラダの歌(Salade de fruits)」でお馴染みのフレンチポップスの歌手で俳優のブールヴィル(Andre Bourvil)とベルギーの女優で1969年に「雨の訪問者」に出演したAnnie Cordy(アニー・コルディ)も歌っています。

モーボージュの月夜(Un Clair de Lune a Maubeuge)はJean Chérasseが監督した1962年の同名のフランス映画がありました。ミュージカルドラマ仕立てで、「モーボージュの月夜」を作ったピエール・ペランがポールの役で出演しました。主演は1958年に「河は呼んでいる」に出演したクロード・ブラッスール(Claude Brasseur)で、ブールヴィルは歌手の役でした。

Un Clair de Lune a Maubeuge
Je suis allé aux fraises
Je suis rev'nu d'Pontoise
J'ai filé à l'anglaise
Avec une tonkinoise
Si j'ai roulé ma bosse
Je connais l'univers
J'ai même roulé carrosse
Et j'ai roulé les R
Et je dis non, non, non, non, non
Oui je dis non, non, non, non, non, non, non, non, non

Tout ça n'vaut pas
Un clair de lune a Maubeuge
Tout ça n'vaut pas
Le doux soleil de Tourcoing
Tout ça n'vaut pas
Une croisière sur la Meuse
Tout ça n'vaut pas des vacances au Kremlin-Bicêtre


Armond Canfora(カンフォーラ)とNoel Roux(ルー)の曲「フルーツ・サラダの歌」は”サラダ フルィ、ジョリ ジョリ ジョリ、美味しいのよ、素敵なのよ”という歌詞で1960年代に流行りました。

ブールヴィルの「モーボージュの月夜」と「フルーツサラダの歌」が試聴出来ます。
http://www.amazon.fr/Bien-Si-Andre-Bourvil/dp/B0009JXNJM
Disque : 1の6は「フルーツサラダの歌」
Disque : 2の4は「モーボージュの月夜」
[PR]
by g_vocal | 2007-09-13 20:05 | シャンソン
<< 街角 Coin de Rue 夜は恋人 Mea Culpa >>