オーケストラの思い出2 カルメン

現在のNHKというのは昭和25年にラジオが誕生し、5年遅れて日本放送協会としてスタートしたらしい。今から思うと笑い話の連続であった。

何しろ我が家で初めて見たのは、美智子妃殿下のご成婚婚のパレードであったのだから。それも近所の方々が見せて欲しいと狭い家がいつぱいになったのだ。
過ぎた日がなつかしい。
そしてそうして、デジタルの話さえ出ている今、私の書いている思い出は遠い昔のことなのである。

愛宕山には毎年元旦に歌いに行った。年の初めの恒例であった。
前夜大晦日に夜更かししてるので眠いのを仕事と諦めて行く楽しみは、その後にでる海苔巻きとお稲荷さんであった。それに釣られて何年か愛宕山に歌いに行ったのだから、みんな若かった。
合唱団には実業と称して映画のアフレコがあり、必要に応じて撮影所に行きラッシュにコーラス等吹き込んだ。結構勉強にもなった。
当時PCLの撮影j所(後の東宝)である。このような仕事には交通費が支給された。PCLは世田谷の砧村にあった。

そのような仕事が暫く続いた。そして、待ちかねた歌舞伎座でのオペラ「カルメン」の公演だ。

ついでですが愛宕山のに行くのには当時はエレベータなんぞはないので、この愛宕神社の石段を階段を登らねばなりませんでした。曲垣平九郎なら馬で駆け登るところですが。
愛宕神社の石段の写真はウィキペディア 愛宕山 (港区)
[PR]
by g_vocal | 2007-07-23 14:33 | おもひで
<< カルーソー Caruso グラナダ Granada >>