君を待つ Je t'attends

山ほどもある”Charles Aznavour(アズナブール)”のシャンソンのなかにボサノバのリズムでうたっている曲”Je t'attends(ジュタトン)”がある。 ”君を待つ”と訳しているが、時間にして2分50秒ほどの曲である。

なぜ時間にこだわるかというと、或るコンサートでの条件が3分に限るためであり、シャンソンに
限るからである。
ジャンルに、こだわらなければ、苦労はないが、”Je t'attends(ジュタトン)”がうまく2分50秒で納まってくれた。

”見知らぬ街”ではイントロが半分の間奏なしでステージにかけたからだ。

1番の歌詞の中で、
「夏に嵐が吹いて、秋に花が散って、冬にすべてが死んでも、私は待つ」

2番では
「恨んでなんかいないの、みんな私の罪よ、許される日を祈って私は待つの、苦しみの日が続いて、涙がみんな枯れても、生きる力が失せても、私は貴方を待つわ」
そして、「Je t'attends viens 帰ってほしいの私の手に、離れていても貴方は私のもの」

フランスにして大和なでしこの心をもつ女性がいるのである。 やさしく歌いましょう。
アズナブールの心を覗ぞいた気がする同じ曲をベコーも歌っているのだが私は知らない。
聴いた事がないのでなんともいえないが、アズナブルのほうがやさしくうたっている気がする。
[PR]
by g_vocal | 2005-05-06 11:22 | シャンソン
<< ロック曽根崎心中 水に流して Non ! Je ... >>