人気ブログランキング |

ブロードウェイの靴みがき Cireurs de Souliers de Broadway

”ブロードウェイの靴みがき(Cireurs de Souliers de Broadway)”はジャック・プレヴェール(Jacques Prévert)の詩にイヴ・モンタン(Yves Montand)の専属ギタリストだったアンリ・クロラ(Henry Crolla)がメロディーをつけて1950年に発表された曲だが、実際に作られたのはそれより5年ほど前のこと。

”ブロードウエイの靴みがき”の創唱者は無論イヴ・モンタンであるが、第二次世界大戦終戦直後のイヴ・モンタンはパリを開放してくれた連合軍のアメリカ軍人の人気に乗ったと云われているが、カウボーイ姿でウエスタンなどを歌っていたそうだ。いわゆるアメリカかぶれ。
当時交流のあったエディット・ピアフ(Edith Piaf)に忠告されて徐々に方向転換を志したイヴ・モンタンは質的により高度な作品を求めて”ブロードウェイの靴みがき”や”ジャズ狂”など一連の曲を取り上げるようになったそうだ。

これらの作品は今も尚、イヴ・モンタンの重要なレパートリーとなっている。

c0000146_1521927.jpg

アルバム「Yves Montand Gold」の”Cireurs de Souliers de Broadway”の試聴はYves Montand - Cireurs de Souliers de Broadway - Musico.jp


ブロードウェイの靴みがき
日本語訳詩は小松清
イントロは”tempo de slow”

心をこめて磨いた靴
街の靴みがき
黒い靴みがき
その子に小銭を投げ
光る靴を眺めもしないで白人はゆくよ
ブロードウエイの通りの人々の群れの中に行けば
黒い子供が腕によりをかけたその靴
たちまち 踏まれて光が消えるよ
白い歯を見せて ハケでこすり キレで拭いて 歌をうたい 磨いた靴
その歌は歌う黒人トムの話



イヴ・モンタンの”ブロードウェイの靴みがき”をリアルプレーヤーで聴いて下さい。(最後の方)
Yves Montand Les Cireurs de Souliers de Broadway
by g_vocal | 2008-12-20 15:21 | シャンソン
<< ムスタキの”17才” Dix ... 君たちは太陽さ Enfants... >>